高価買取りのコツ
ピアノは天然の材料で出来ているので設置場所や湿気などに敏感に反応し弾かなくても音は狂っていしまい価値はどんどん下がってしまいます。
思い出のつまった大切なピアノは、その価値をしっかり評価してくれるところに買い取ってもらいたいものです。
ここでは、誰でも手軽にできるピアノの高額買取のコツをご紹介します。
査定を依頼する前にピアノをキレイにしましょう!
ピアノグッズ第一印象はとても大事です。ピアノ買取り業者が査定に来る前に最低限の掃除はしておきましょう。ホコリや汚れが付いていると悪印象を与えてしまう可能性があります。
あらかじめ綺麗にしておく事により査定時の印象が変わり高価買取りにつながることもあります。
【ピアノ塗装面のお手入れ】
・表面のホコリはピアノ用の羽毛、やわらかい布(クロス)等で軽くふきましょう。
・ピアノ用のワックスなどを塗っておけば綺麗な艶が保たれます。

【ピアノ鍵盤のお手入れ】
・日ごろから「汚れた手で弾かない」ように習慣づけることが大切です。
・表面のホコリはやわらかな布(クロス)で軽くふき取ります。汚れのひどい部分は、鍵盤専用のクリーナーをお使い頂くか、中性洗剤を薄くしみこませた布を固くしぼって、拭きとりましょう。

【ペダルのお手入れ】
・日ごろから弾き終わったらホコリを払う習慣づけることが大切です。
・表面がくもったり、錆ついてきた場合は、専用クロスに専用クリーナーをつけて拭き取りましょう。
査定を依頼する前に調律はしておくべき?
調律はしてあるのに越した事はありませんが、調律の扱いはピアノ買取り業者によって様々です。査定前に調律をしておいても価格に響かないとこもあれば、高価査定してくれるとこもあります。定期的に調律をしておけば、査定前に調律をしなおす必要はありません。調律がどの程度価格に影響するのかピアノ買取り業者に事前に確認しておくことをお勧めします。
ピアノの付属品は揃えておきましょう!
付属品が揃っているからといって必ずしも評価されるとは限りませんが、ピアノは本体だけで買取るとは限りません。買取り依頼するピアノにあった椅子やトップカバー、メトロノームなど付属品は査定前に揃えておきましょう。
出来るだけ多くのピアノ買取業者に査定を依頼しましょう!
ピアノ買取価格はピアノ買取業者によってかなり価格の差が生じるでしょう。 これは、ピアノ買取業者が得意とする販売ルートやピアノモデルが異なり、独自の買取査定基準を持っているからです。 同じピアノモデルでも、顧客が探しているピアノであれば、相場よりも高額で買い取る場合もあります。 また、ピアノメーカーや製造年月日、売り手の居住地域によって買取や引き取りを拒否されることもあります。 これらのことをふまえて、できるだけ多くのピアノ買取業者に査定を依頼してみて、それぞれ比較し、一番高い査定額を出したところに買取を頼めば良いのです。
ピアノメーカー
ピアノ設置場所の郵便番号 - 郵便番号を調べる
Powered by ズバットピアノ買取比較
ピアノ買取り一括査定
ページの先頭へ戻る