査定前のチェック
ピアノのモデル名(型番)や製造番号など、査定する際に買取業者が必要とするチェックポイントがあります。
依頼する前にあらかじめ控えておき、業者への依頼をスムーズに行いましょう。
査定依頼前に確認したい3つのポイント
チェックポイント
number モデル名(型番)、製造番号
アップライトピアノの場合
最上部の天板の蓋になっており、手前から上に押し上げ開きます。中を覗きこむと金属板があり、
型番製造番号が印字されています。
(例)ヤマハ→「U1」「U2」「U3」、 (例)カワイ→「BI」「KU」「KI」…など

グランドピアノの場合
譜面台の下に金属のフレームがあり、譜面台をスライドさせ、鍵盤側から覗きこむと、型番製造番号が刻印されています。

電子ピアノの場合
5cm四方のステッカーに、メーカー、機種、製造年が表示されています。
ステッカーの貼ってある場所はだいたい下記の2通りになります。
(1)本体の鍵盤の下面(ペダルの位置から上に見上げた位置)、 (2)本体の背面(壁側)

number メーカー
ピアノをつくった会社の名前です。鍵盤の蓋(内側)の裏に表記されています。鍵盤の蓋を開けてご確認ください。

number ペダル
ピアノにはペダルが2本のものと3本のものとがあります。ご自宅のピアノにペダルが2本なのか3本なのか、ご確認ください。
ピアノメーカー
ピアノ設置場所の郵便番号 - 郵便番号を調べる
Powered by ズバットピアノ買取比較
ピアノ買取り一括査定
ページの先頭へ戻る